引越

サイトマップ

同市内へ引っ越したとしても、校区が違えば学校を変えなければなりません。必ずしも同じ所へ、通えるわけではないのです。基本的には家の近くですが、多少遠くになることもあるでしょう。もちろん、前のままということもあります。どうなるのか、しっかりと確認しておきましょう。異なるところへ行くときは、転校と転入の手続きをして下さい。ちなみに、これは義務教育の範囲内のことで、大学、短大、専門学校などは該当しません。そしてこれらの場合、もしも編入するなら、試験があるので注意して下さい。

同市内に引越しをする場合は、転居届けを出しましょう。手続きには身分を証明できるものと、印鑑などが必要になります。そして指示に従い、新しい住所、世帯主の氏名などを書きます。作業自体は簡単ですので、難しく考えなくて大丈夫です。場合によっては数日がかかることもあるので、できるだけ早めに済ませておきましょう。ちなみに、転入届というものもありますが、これは他の市区町村から来た人が使うものです。

同市内で引越しをする場合にも、新聞の契約を更新する必要があります。忘れていると、前の家に届いてしまいます。また、請求も滞るころがあるので気をつけましょう。基本的には住所変更をすれば済みます。その際には本人確認できるものと、印鑑を用意しましょう。極希に再契約が必要になり、少しだけ面倒な手続きをしなければなりません。そして、こちらも珍しいケースですが、同じ新聞業者を使用できないこともあります。それ以外は、早めに連絡をしておき、新居に移った当日から配達してもらえるようにしましょう。



「近所への引越」について

近所への引越で気を付けること。

Copyright © 近所への引越. All rights reserved