アポクリン汗腺から汗を出す半身浴の正しい方法

アポクリン汗腺とは、脇の下・陰部・乳首の周り・おへその周り・
耳の中など体毛の濃い部位に存在する汗腺です。
gf1420096371l
汗の分泌量は少ないもの の、中性脂肪などの脂肪やたんぱく質、
鉄分アンモニアなどの栄養分が多いため、細菌が繁殖しやすく体臭
の原因や、皮膚表面の細菌に分解され、わきがの原因臭となります。

臭いの原因を改善するには、老廃物を体から出す必要があります。
アポクリン腺の汗は、時間をかけて体を温めないと出て来ないこ
とから、効果的な半身浴の方法は、
①入浴前、入浴中、入浴後に水分補給をしっかり行い老廃物をスム
ーズに排出する。
②38~40度のお湯に、20~30分、胸の下まで湯船につかる。
③上半身には、タオルをかけておき、上半身の冷えを防ぐ。
④毛穴が開きどろどろした汗や、ベタベタした臭いのある汗が出
たら、体を洗う。
⑤体を洗った後は、もう一度5分ほど湯船につかり、体を温める。
⑥体を温めた後は、手足に冷たい水をかけ血行を良くすることで、
湯冷めしにくくなります。

一度分泌すると、アポクリン腺は、分泌後24時間は活動停止する
性質があるため、大事なデートの前の日などにアポクリン腺から汗
を分泌させておき、活動を停止させておくのも効果的です。

コメントは受け付けていません。