臭わない汗とはどんな汗?

汗をかくと体臭が強くなるという、イメージを持っている方xf1615028776l
が多いと思います。

実は汗には臭う汗と、臭わない汗の2種類があるのです。
人間の体には2種類の汗腺があり、それぞれに違う汗を分泌
しています。

まず臭う汗ですが、この汗はアポクリン汗腺から分泌された
汗になります。
アポクリン汗腺から出た汗には、タンパク質や脂質、アンモ
ニアや鉄分などが含まれているのが特徴です。

様々な栄養素が含まれている汗なので、皮膚にいる常在菌のエサ
になると言われています。
この汗を常在菌が分解する時に、強い臭いを発生させ結果、体臭
が強くなってしまうのです。

アポクリン汗腺から出た汗は、脂質などが含まれている為、粘り気
があり、べたつく点も特徴となっています。

一方、体臭の原因にならない汗は、エクリン汗腺から出たものです。
この汗腺はスポーツをした時や体温調節をする際に、汗を出します。

99%水分なので、サラサラとしており、臭いはほとんどありません。
残りの1%に塩分や尿素、アンモニアなどが含まれていますが、これ
らの成分の働きにより肌は酸性に傾きます。
皮膚が酸性になると常在菌の繁殖が抑えられる為、この汗腺から出た
汗は臭いの発生を抑制する効果が期待出来ると言われています。

コメントは受け付けていません。