ワキガってどんな症状のこと?

皮脂腺は毛穴に開口して脂肪分を分泌する器官で、皮脂腺から
分泌された脂肪は、エクリン腺から分泌される汗と混ざり合わ
さり、皮膚の表面に薄い膜でもある皮脂膜を形成し、肌を潤っ
て保護する役割が有ります。

しかし、皮脂量が多くなることで、肌がべたついてしまい、オイ
リー肌とも言われている脂性肌になり、その結果ニキビの原因に
なります。
また、皮脂量が少ない事で肌が乾燥してしまい、ドライ肌でもあ
る乾燥肌になると言う特徴が有るのです。

皮脂腺はアポクリン腺と同じように毛穴に開口して脂肪分を分泌
する器官でもあるのです。
尚、アポクリン汗腺はワキガの原因となる汗を分泌する汗腺組織
で、この汗腺組織から分泌された汗が皮膚に有る雑菌と混ざり合
わさり、それが分解されることで特有の臭いとなり現れるのが特
徴なのです。

また、皮脂から分泌される汗の量が多くなって活発になると、ニ
キビや吹き出物などの原因となります。
更に、皮脂の中には脂肪酸が含まれており、脂肪酸が酸化をする
事で過酸化脂質となり、臭いの原因になるのです。

尚、皮脂から分泌される皮脂は直接腋臭の原因にはならないもの
の、アポクリン汗腺組織から分泌される汗と混ざり合わさる事で、
臭いを多く放出する原因にもなるのです。

コメントは受け付けていません。